深ブロ

2017.11.15

セールス深川のシュトゥットガルト冒険禄 -最終章- 

こんにちは、セールスの深川です。

なんだか肌寒くなってまいりましたが、ドイツのリポートも今回で最終章となります。

 

さて、今回はドイツはジンデルフィンゲンの工場に視察に行ったお話です。

0174e0967bdce50c6460e4e39c500e8c0ca82eac81.jpg

ここではEクラスとSクラスの生産過程が見学出来るとの事で、EとSといえばメルセデスでも屈指の最先端技術を惜しみなくつぎ込んだフラッグシップであります。

そんなスゲーの見てもいいのでしょうか。

 

しかもものっすごく広い。

 

01de7da070732decb6404f7bc2a7431134d9e3da48.jpg

全景。

既にどこに居るのかさえ不明。

工場内は施設から施設までバス移動との事。

 

 

ロビーには何時ぞやネットで見かけたコンセプトSUVの実車が!

(写真)

013308c4a09323a27f3156355118862b63f0ee5edc.jpg

おおう。

 

・・・ナニ?工場内は一切の撮影、録音はNG?

わかりました、不肖深川。

皆様の為に雰囲気だけご案内いたします。

 

01bc363ee73322536b9197465421afc1b0bbea8c7b (2).jpg

 

識別用のチョッキを着ていざゴーです。

 

03.jpg

 

スゴイですな、あんな大きなEクラスのボディフレームをロボットアームが掴んでぶんぶん振り回しております。

ハイ、パス。

違うロボットアームが「ぐわし」と受け取り、更にぶんぶん。

 

油断していると、今度は隣でSクラスのあんなに大きなダッシュボードを横から寸分違わず差し込んでくるロボット。

これ人の手でやると4人はいる仕事ではないでしょうか。

しかも猛烈に重いので支え切れずにお互いに「しっかり持てま」とか罵倒し合いそう。

涼しい顔で支えるロボットスゴーイ。

 

さらにはスポット溶接の火花がバチバチ降り注ぐ中へ・・・ええぇ、あそこを通るんですか?的な巡回路におののきつつ、辿り着いた先は生産ラインの真っ只中とは思えないトコロにSクラスが真っ二つにされた展示モデルがあり、普段窺い知る事の無い構造がしっかり確認できました。

 

こんなコマカイトコロまで・・・少しくらい手を抜いても分か・・・ダメ、ゼッタイダメ。

メルセデスの哲学というか、物づくりの姿勢が窺えました。

 

仕上げラインでは一台づつ違うオーダーを間違いなくこなすラインを見学。

うーむ、相当考えられたシステムなんだろう・・・と思いつつ、やはり企業秘密。ちぇっ。

 

 

そんなこんなでまったく写真もなく、非常に抽象的にお伝えしてまいりましたがこれも大人の事情でございまして・・・ご理解ください。

 

しかしさすがメルセデス。今後の販売活動に一際説得力の増す一部始終を見学出来ました。

この素晴らしさは是非ショールームにてセールス深川にお尋ねください。

お待ちしております!

 

 

 

「ベスト」を「チョッキ」というあたり、さすが昭和と思いつつ最近は「ジレ」という事に「もうええ」とひとりツッコミするセールス深川でした。

 

 

Category

New Entry

Monthly Archive

Instagram

メルセデス・ベンツ富山 Facebookページ

メルセデス・ベンツ富山 公式ホームページ

page top